ATLIA FOR KIDS ATLIA STAFF BLOG
アトリアサポートスタッフ周辺文化施設リンク
トップ > 展覧会 > 過去の展示

過去の展示/PAST EXHIBION

平成25年度アーカイブ

共催展 川口市立小・中・高校合同中央作品展 平成26年2月21日(金)〜3月2日(日)
共催展 川口市小・中・高校書きぞめ展覧会 平成26年2月13日(木)〜16日(日)
共催展 中学生のART CLUB展 平成26年2月2日(日)〜9日(日)
企画展 アートな年賀状展2014 平成26年1月8日(水)~26日(日)
企画展 楽しみを着よう!マイ・ねっと・ワーク 11月21日(木) ~12月 1日(日)
企画展 川口の匠 vol.3 音をつくる 10月5日(土) ~11月15日(金)
企画展 夏の企画展 ダイアローグ 青野正×高田洋一 7月21日(日) ~9月 1日(日)
共催展 川口市小・中・高校硬筆展覧会 7月10日(水) ~15日(月・祝)
企画展 春の企画展 反芻 篠原有司男 4月13日(土) ~5月26日(日)
共催展川口市立小・中・高校合同中央作品展
川口市立小・中・高校合同中央作品展
展覧会期平成26年2月21日(金)〜3月2日(日)
 会 場 展示室A・B、スタジオ
 主 催 川口市教育委員会

埼玉県の作品展等で受賞した特選作品、絵画コンクールなどの優秀作品、授業の実践作品などを展示します。

一覧へもどる
共催展川口市小・中・高校書きぞめ展覧会
川口市小・中・高校書きぞめ展覧会
展覧会期平成26年2月13日(木)〜16日(日)
 会 場 展示室A・B、スタジオ
 主 催 川口市教育研究会書写研究部

川口市内の小・中・高校の児童・生徒による書きぞめ、各校の優秀作品ならびに県展覧会出展・入選作品を一堂に展示します。

一覧へもどる
共催展中学生のART CLUB展
中学生のART CLUB展
展覧会期平成26年2月2日(日)〜9日(日)
 会 場 展示室A・B、スタジオ
 主 催 川口市教育委員会

市内中学校の美術部をはじめとする文化部が、日頃の活動の成果を展示・発表する展覧会です。

一覧へもどる
企画展アートな年賀状展2014
アートな年賀状展2014
展覧会期平成26年1月8日(水)~26日(日)
展示協力川越・入間川凧の会

今年度7回目を迎える市民参加型の展覧会。
皆さんからご応募いただき、一枚一枚に気持ちが込もったオリジナルの年賀状を展示します。
また展示会場にはお正月にちなんで、名人がつくった本格的な和凧やワークショップでつくった書の作品なども併せて展示します。日本の伝統的な習わしを見直しながら手づくりの味わいをお楽しみください。

関連イベント
アートなお正月あそび

会場に集まった皆さんと一緒に楽しめる、お正月にちなんだイベントを開催します。
どなたでもお気軽にご参加ください。

一覧へもどる
企画展アーティスト・イン・スクール 楽しみを着よう!マイ・ねっと・ワーク
楽しみを着よう!マイ・ねっと・ワーク
展覧会期11月21日(木)〜12月1日(日)
 会 場 展示室A・B、スタジオ
出 品 者津村耕佑(ファッションデザイナー)×前川小学校6年生 126名

川口市立の小中学校に講師を派遣し、特別な図工・美術の授業を行う[アーティスト・イン・スクール]。第8回となる今回は、10月〜11月中旬まで約1ヶ月半かけてファッションデザイナーとして活躍する津村耕佑が前川小学校6年生と楽しみを身につけられるファッションアイテムづくりに挑戦します。
ネット(網)を素材としながら、自身が影響する周辺「ネットワーク」にも視野をひろげてデザインについて学んだ成果を発表します。

レポート(ブログ)  一覧へもどる

企画展川口の匠 vol.3 音をつくる
川口の匠 vol.3 音をつくる
展覧会期10月5日(土)〜11月15日(金)
 会 場 展示室A・B、スタジオ
出 品 者中川 隆(木管楽器製作)
賴 德昌(バイオリン製作)
千葉 勉(ドラムスティック・マレット製作)
菅井 幸夫(尺八製作)

川口に工房を構え制作・活動している匠たちに着目した展覧会。
3回目となる今回は、楽器をつくる匠たちに焦点をあて彼らの制作工程や完成作品を展示紹介します。
美しい音を奏でるために創意工夫を重ね生み出された技術と精神を通して、ものづくりの魅力に迫ります。
またスタジオでは、匠たちの写真展や実際に楽器に触れるコーナーなどもあります。

オープニングイベント
匠の楽器で奏でるミニコンサート

10月5日(土)

出 演: アテフ・ハリム(バイオリニスト)、真貝 祐司(カスタネット奏者)、
中川 隆(木管楽器製作・演奏)+白栁守康(木管楽器演奏)、菅井 幸夫(尺八製作・演奏)

匠たちが手掛けた楽器で、それぞれの曲目を演奏するミニコンサート。

レポート(ブログ)

ギャラリートーク
[1] 10月12日(土)14:00〜学芸スタッフ
[2] 10月19日(土)14:00〜 学芸スタッフ+中川 隆(木管楽器製作)
[3] 10月26日(土)14:00〜 学芸スタッフ+菅井幸夫(尺八製作)
[4] 11月 2日(土)14:00〜 学芸スタッフ

学芸スタッフが展覧会の出品作品についてお話します。匠のお話と楽器の音色が聴ける会もありますので、お気軽にお越しください。

レポート(ブログ)

ワークショップ 打楽器のマレットづくりとリズム体験

10月26日(土) 講師:千葉勉

やさしい鑑賞講座 楽器にみる美学〜バイオリンを中心に〜

11月9日(土) 講師:賴德昌+守重信郎(武蔵野音楽大学楽器博物館 主任学芸員)

一覧へもどる
企画展夏の企画展 ダイアローグ 青野正×高田洋一 公開制作による造形の対話
反芻 篠原有司男
展覧会期7月21日(日)〜9月1日(日)
 会 場 展示室A・B、スタジオ

溶断した鉄を幾層にも重ねて、時の流れに侵食された廃墟を思わせる作品を制作してきた青野正。人が傍らを通りすぎるときに生じる、微かな空気の流れを捉えて動く翼の作品で知られる高田洋一。二人は偶然にも同じ高校に一年違いで在籍、同じ彫刻家として互いを理解しながらも、全く異なるスタイルを確立してきました。
刺激し合う二人が今回挑戦するのはダンボールを使った公開制作。普段は使わない素材に挑み、どちらか一方が作ったかたちを受け、また一方がそれに手を加えていきます。そのやりとりはまるで交換日記のような「ダイアローグ」。互いの考えを読み、それを展開させ調和や裏切りを繰り返して進む二人の創作はアトリアを未知の空間へと変えていくでしょう。
会場では二人の代表作を併せて展示します。一つの空間に響き合う二人の個性をお楽しみ下さい。

関連イベント
公開制作にドラマーがやって来る!

7月27日(土)

出展作家: 青野正、高田洋一
友情出演: 宮崎 まさひろ(ドラマー)

レポート(ブログ)

ギャラリートーク
8月24日(土)学芸スタッフ+青野正、高田洋一
ダンス・パフォーマンス ダンスパフォーマンヌ~鉄の箸と紙の斧

8月24日(土) 出演:中野 綾子+加藤 千明

ワークショップ アートで話そう―かたちのパス&シュート!

8月3日(土)、8月4日(日) 講師:青野 正、高田 洋

一覧へもどる
共催展川口市小・中・高校硬筆展覧会
川口市小・中・高校硬筆展覧会
展覧会期2013年7月10日(水)〜15日(月・祝)
 会 場 展示室A・B、スタジオ

市内小・中・高校の児童・生徒の硬筆作品、各校の優秀作品ならびに県展覧会出展・入選作品を一堂に展示します。

一覧へもどる
企画展春の企画展 反芻 篠原有司男
反芻 篠原有司男
展覧会期4月13日(土)〜5月26日(日)
 会 場 展示室A・B、スタジオ

確かな眼を持って観察し、繰り返し描きながら噛み砕き、自身の作品の糧にする ― それはまるで、ウシの「反芻(はんすう)」。
日本における前衛芸術家の1人として知られるアーティスト・篠原有司男。「ギューちゃん」の愛称をもつ篠原はその名のごとく暴力的強さを持って提示される表現によって「暴れ牛」のイメージを獲得しました。動的で派手なイメージがつきまとう篠原ですが、日本古来の絵巻《鳥獣戯画》や浮世絵・漫画などにインスピレーションを受け母国の歴史を学び、ギリシアの古代文明に感銘を受け調査を行うなど、幅広いアートに真摯に向き合っていることもまた事実です。
本展ではそれらから得たモチーフを繰り返し描いたドローイングによって、篠原の表現の原点を探ります。

やさしい鑑賞講座 第1回 芸術×反芸術

4月14日(日) 対談:篠原有司男(出展作家)×山下裕二(日本美術史家)

やさしい鑑賞講座 第2回 日本の前衛 マンガ、ウキヨエ、チョウジューギガ

5月19日(日) 講師:山下裕二(日本美術史家)

ワークショップ エクササイズ 超獣擬我!(チョウ・ジュー・ギ・ガ)

4月21日(日) 講師:飯島 浩二(美術家、元総合格闘家)

一覧へもどる
トップに戻る/Go to top